着物の着付教室

お子さんのきものと着付方法

お子さんのきものと着付方法についてご紹介します。

お子さんのきものは、成長に応じて一つ身、三つ身、四つ身と変わります。

●一つ身・・・生まれたての赤ちゃんから2〜3歳まで着ることが可能です。後ろ身ごろを一幅で断つことからこの名前があります。後ろに縫い目がないことから、外出の際には、背守りをつけます。

●三つ身・・・「三つ身」という名前は、身たけの3倍必要なことに由来します。2〜3歳のお子さんのとき、女のお子さんは、元禄そでか長袖に、男のお子さんならば、舟底そでか筒そでにします。

●四つ身・・・4,5歳〜8,9歳くらいまでのお子さん用です。四つ身は、女のお子さんは元禄か長そでに、男のお子さんならば筒袖が一般的です。

七五三は、お子さんにとっては初めての晴れのお祝いです。また、ご両親方にとっても、あでやかに着飾ったお子さんの姿を見ることはこのうえない幸せでしょう。かわいらしく、着崩れしないよう着付方法てあげたいものです。

お子さんにきものを着付方法る際のコツをいくつかご紹介します。
・お子さんにきものを着付方法る場合には、着崩れしないようにつけひもを正しい位置につけておきます。
・着付方法の場合の帯枕は、手ぬぐいを縦半分に折り、きつく巻いてガーゼにくるみます。
・帯は、帯幅を半分に折って、二巻して手を上に結びます。丈が長すぎるようならば、たれより手の分量を多くして結ぶとよいと思われます。
・下着は、細い衿のついたガーゼの肌じゅばんに裾よけをつけます。
・全体におとなびた感じにならないように、かわいらしさを出すようにします。たとえば、3歳のお祝いには、肩揚げ、腰揚げをたっぷりとったほうがかわいらしさは際立ちます。また、5歳の「着袴の儀」で、黒地の五つ紋付きにするにしても、華やかに、ぼかし模様や絵羽模様を染めたものがよいと思われます。

スポンサードリンク