着物の着付教室

七五三の祝着

七五三の祝着についてご紹介します。

七五三のお祝いは、三歳が男の子と女の子共通で「髪置の祝い」、五歳が男の子の「はかま着の祝い」、そして七歳が女の子の「帯祝い」です。
お子さんの成長を感謝し、将来の幸せを祈って神社に参拝します。お子さんにとっては、初めて迎える晴れの日です。きれいに着付方法て、氏神様にお参りするのは、ご両親にとってもうれしいことに違いありません。

お子さんの重要なお祝いに、すてきにきものを着付方法てあげましょう。

七五三の祝着
お子さんのきものは、大人と同じ仕立て方という訳にはいきません。成長に応じて一つ身、三つ身、四つ身と変わります。

三歳の祝着
・一反で被布とおそろいに四つ身仕立てのきものをそろえます。本来、二枚重ねが正式とされていますが、小さなお子さんには二枚重ねは無理でしょうから、付比翼か伊達衿をつけて華やかにします。帯は作り帯にします。
・祝い着、長じゅばんは、ともに七歳まで利用できるものが理想です。

五歳の祝着
・黒羽二重のきものと羽織にはかまをつけるのが、正式な装いとなります。

七歳の祝着
・七歳で作る祝着や帯は、本裁にして四つ身の寸法で仕立てるとよいと思われます。きものの地は錦紗、一越、綸子地で友禅染にすると華やかでかわいらしいです。
・腰あげは、身長から着丈を引いた分を腰上げ分とするのがよく、位置は小さなお子さんのときは、着丈にあげ寸法の2分の1を足したものを半分、大きなお子さんには着丈にあげ寸法の3分の1を足したものの半分があげ山にくるようにすると形よくなります。

スポンサードリンク