着物の着付教室

きものの格

今回のテーマは、「きものの格」についてです。

きものには、礼装着、略礼装着、外出着、街着・普段着、さらに浴衣、といった、格付けによる種類があります。TPOにあわせた格付けのきものを選び、帯や小物とのコーディネートを考えて着付方法ることが大事です。
特に、礼装着や略礼装着、および社交目的の外出着は、自分の好みのみでなく、約束事を守った着付方法をしなければなりません。一方、街着や普段着は、自分の好みを生かした装いを楽しむことが可能です。どちらにしても、きものと小物の格をそろえて、調和のとれた装いをするようにします。

1.礼装着・・・結婚式や公の儀式など、格式を重んじる場に装うきものです。
●打掛姿・・・ミスの第一礼装です。
●本振袖
●黒留め袖
●喪服

2.略礼装着・・・礼装につぐ格式のきものです。色や模様が、礼装着よりも、ちょっとくだけています。華やかさがあるので、結婚式の披露宴や、成人式、入学式、初釜などのお祝いの席に装います。
●色留め袖
●訪問着
●振袖(長振袖、中振袖、小振袖)

3.外出着・・・外出着は、社交を目的とする格式がやや高めのものと、個人の趣味に合わせて装う、気軽なものがあります。TPOにあわせて素材や模様を楽しめる反面、コーディネートが難しい面もあります。
●色無地
●江戸小紋
●付け下げ
●付け下げ小紋
●小紋
●絞り
●お召し
●更紗

4.街着・普段着・・・少しした外出や買い物、自宅で、など、気軽に楽しめる装いです。
●紬
●絣
●ウール黄八丈

5.浴衣・・・夏のくつろいだ装いです。

スポンサードリンク