着物の着付教室

美しい着付方法と帯結び

今回は、「美しい着付方法と帯結び」についてです。

きものを着る際のポイント
きものを美しく装うポイントは、着付方法にあります。そのために大事なのは、下着です。
下から順に「肌じゅばん」、「すそよけ」、「長じゅばん」です。それに「腰ひも」が3本、「だてじめ」、「前板」、「帯まくら」、「帯じめ*」、「帯揚げ*」、「たび」が必要です。これらをすべて手元にそろえてから着付方法にとりかかります。
*「帯揚げ」「帯締め」・・・帯揚げと帯締めは、ともに帯をきっちりと身体にとめつけ、結んだ帯の形を美しく保つとともに、着崩れを防止するために大事な役目を果たします。かつ、きものや帯との組み合わせで、きものの着こなしの絶大な効果を発揮するポイントにもなります。きものには礼装や略礼装といった「格」があります。帯締め、帯揚げのときも、きものの格と調和させることが大事です。

帯結びのポイント
帯は、帯を結ぶ位置が身長に対して、3対5、8対12、13対22という「黄金比率」の位置を標準にして、体型によって背が高い、低い、太り気味、あるいはやせ気味、といったように加減をしていくと、美しく結べます。
背の高い人は帯幅を広くし、帯揚げをちょっと多めに見えるようにすると良いでしょう。一方、背の低い人は、帯幅をせまくします。そしてちょっと高めにおたいこを結ぶと美しくみえます。また、太っていた人は、おたいこの位置を低くするように結びます。そして帯揚げを細くすることですっきりと見せることが可能です。

スポンサードリンク