漢方医学と浮腫み(むくみ)

漢方医学と浮腫み(むくみ)

今回のテーマは、漢方医学についてです。

漢方医学では、「気・血・水」という3つの観点から、身体のどの機能が病気に犯されているかを考えます。
たとえば、漢方医学の観点から「のぼせ」や「めまい」「頭痛」といった症状を考えると、それは「気」という目に見えないエネルギーの流れが身体内でとどこっているからである、ということになってきます。そのため気の流れを正常にもどすことが治療となり、順気剤を使用します。

「頭重感」や「手足のしびれ」「月経異常」は、「血」のとどこおりです。漢方医学でいう、「血」とは、血液とホルモンです。血が滞った状態が「お血」です。駆お血剤が使用されます。

一方、「浮腫み(むくみ)」「呼吸困難」「尿の異常」といった水分代謝の不調は、「水」の滞りです。漢方医学における水とは、体液のことです。水毒は、体液が身体の一部に偏り、水分がうまく代謝できなくなった状態です。利水剤という漢方薬群が使用されます。

具体的に、浮腫みについてどのような漢方薬が使用されるかは、その人それぞれによって異なります。一般的にですが、たとえば、肝炎の浮腫みのとき、体力が普通程度にある人には「インチゴレイサン」や「サイレイトウ」が処方されます。慢性関節リウマチのときの浮腫みは、肥満傾向のある人のとき、「ボウイオウギトウ」が使用されます。体力が中程度の人に用いられる「ソケイカツエツトウ」は、利水・駆お血剤が配合されていて、血と水の流れを良くする作用があります。