妊婦の浮腫みと食事

妊婦の浮腫みと食事

妊婦の浮腫み(むくみ)は食事と関係があるのでしょうか。

妊産婦は、母体と胎児の両方に栄養を摂らなくてはなりませんから、責任重大です。妊産婦の栄養状態が悪いとおなかの赤ちゃんは充分に発育できません。しかし、また栄養過多も色々な弊害をもたらし、糖尿病や妊娠中毒症、難産の原因となります。

重要なのは、たんぱく質やカルシウム、鉄分を充分に確保しつつ、エネルギーや塩分は控え、バランスの良い食事を心がけることです。特に、塩分の摂りすぎは高血圧や浮腫み(むくみ)を招く一因となりますので、他に問題がない健康な妊婦さんでも、1日10グラム以下に抑制するようにしましょう。

妊娠したからといって、特別な料理を用意しなければ、と難しく考えなくても、いつものお食事にちょっとプラスし、おなかの赤ちゃんの発育に必要なものを補うようにしてはどうでしょうか。

たとえば、普段朝食に納豆とご飯、お味噌汁を食べている方なら、納豆にしらす干しを5g程度加えます。そうすることでカルシウムが補えます。

海苔を刻むのみでもミネラルを補えます。また、昼食は軽くスパゲティで、という方は、サラダを追加してはどうでしょう。それもレタスやキャベツといった淡色野菜ばかりのサラダではなく、ブロッコリーや人参がたっぷり入った緑黄色野菜のサラダです。
生よりも温野菜にするとかさが減って食べやすくなります。サラダが無理なら、野菜ジュースをデザート代わりに如何でしょう? 

夕食は、焼き魚もいいですが、魚をホイル焼きにし、玉ねぎや人参、しいたけ類をスライスしたものをいっしょにホイルに包みます。この場合とろけるタイプのチーズを加えてはどうでしょう。
魚のたんぱく質に、野菜類と乳製品が加わり、メインのお料理のみでもずいぶんと栄養のバランスが取れますし、塩焼きにしたときよりも塩分を控えることが可能です。

食べるのがつらいこともあるでしょう。少しした工夫で楽しく栄養を補えるといいです。