ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群とはどのような病気なのでしょうか。

ネフローゼ症候群は、たんぱく尿が出て、血液中のたんぱく質が不足する病気です。
ネフローゼ症候群は、成人ネフローゼ症候群と、小児ネフローゼ症候群に大別され、どちらも浮腫み(むくみ)が大事な診断基準となります。
ネフローゼ症候群の3大症状は以下の3つです:
1.たんぱく尿
2.浮腫み(むくみ)
3.高脂血症

全身に浮腫み(むくみ)が生じると、胸水や腹水、陰部水腫(いんぶすいしゅ)といった症状が出ます。そして浮腫みが今度は、悪心(おしん)、嘔吐、下痢、腹部膨張感、腹痛、呼吸困難を招くことになってきます。その他、血圧の低下、顔面の蒼白、頻脈、冷や汗といった症状もあります。尿の変化も重要です。以下に、自覚症状としてわかりやすいものをあげます。

ネフローゼ症候群の主な自覚症状
●顔や足がむくむ
・夕方になると靴がきつくなったり、指輪がきつくなったりする。
・体重が多くなる(多少の変動は誰でもあるものです。毎日、同じ時間に体重をはかり、1キログラム内での増減ならば正常範囲です。それ以上のときは要注意です)。
・足を押すと、皮膚が元にもどりにくく、押したあと(圧痕)が残る。

●尿の変化
・尿の量が減る。
・尿のあわ立ちが著しい。
・尿の色が濃くなったり、白っぽくなる。

●全身の倦怠感、疲れやすさ
・めまい

●息切れ、咳
・身体を横にすると咳が出たり、呼吸が苦しくなる(胸水、腹水が疑われます)。

●高血圧
・高血圧の症状が出ているときは、すでに腎臓機能が低下している、進行している、疑いがあります。