ビタミン欠乏症対策

ビタミン欠乏症対策

今回のテーマは、ビタミン欠乏症の対策についてです。

ビタミンやミネラルは、微量ですが、身体のなかで大事な働きをしています。栄養が偏った食事をしていると、これらの栄養素が不足し、浮腫み(むくみ)や、動悸、疲労感といった症状が生じます。完全に不足していなくても、やや不足しているのみでも自覚症状が出やすいのです。これが潜在的欠乏状態です。

ビタミン欠乏症のときの浮腫み(むくみ)の特徴は、体位に関係なく、全身のあちこちに浮腫みが生じることです。

現時、わかっているビタミン、ミネラルの種類は、40?50種類におよび増す。そのどれもが健康で、円滑な生活を送るのに重要で、欠かすことはできません。ビタミンもミネラルも体内で作ることができないため、(一部を除き)食事で摂るしかありません。
薬で摂取することも不可能ではありませんが、日常の食べ物のなかから摂るにこしたことはありません(まだ、判明していない微量の栄養素もいっしょにとれますし、何よりも安価です)。また、ある種のビタミンは過剰症があります。不足も問題ですが、過剰になってもいけないのです。
普段の食事のなかでとっていれば、過剰となることはまず考えにくいです。

難しく考えなくても、日ごろのお食事に少しした工夫と改善を加えるのみでいいのです。今日からはじめてみましょう。

1.緑黄色野菜を食べましょう。
2.甘い物を控えましょう。
3.乳製品をとりましょう。
4.インスタント食品は控えめに!
5.お酒のおつまみを工夫しましょう。