急性糸球体腎炎

急性糸球体腎炎

急性糸球体腎炎とはどのような病気なのでしょう。

急性糸球体腎炎(きゅうせいしきゅうたいじんえん)の多くは、扁桃炎や咽頭炎にかかったあと、1〜3週間たって発病します。特に扁桃炎にかかったあとに起こるケースが多いようですので、扁桃炎後に、浮腫み(むくみ)や尿の異常がなどの症状が現れたときは、急性糸球体腎炎(きゅうせいしきゅうたいいんえん)を疑う必要があるでしょう。

発症は、小児に多いとされ、発症例の70パーセントは20歳以下で、3歳から10歳までに集中しています。また女性よりも男性に多い、という特徴があります。

発症初期に安静にし、保温を心がけて食事療法をちゃんと守れば、ほとんどが完治します。

浮腫み(むくみ)は、急性糸球体腎炎(きゅうせいしきゅうたいじんえん)の診断の決め手ともなる症状のひとつです。その他には、血尿と高血圧があります。

急性糸球体腎炎(きゅうせいしきゅうたいじんえん)のほぼ90〜100パーセントに浮腫みは現れます。特に顔面やまぶたに浮腫み(むくみ)が生じます。足や腰におよぶと倦怠感や疲れやすいといった感じを伴います。さらに悪化して胸水がみられるようになると、呼吸困難や咳、たんが生じ、腹水になると食欲不振や悪心(おしん)や嘔吐がみられます。

診断の確定には、腎機能検査や血液検査によります。治療は対症療法が基本で、安静と食事療法、薬物療法となります。小児や若い人ほど治癒率は高いといわれます(10歳以下ではほぼ100パーセント、10〜15歳以下でも90パーセント以上)が、成人でも90パーセント近くが治るといわれています。