クインケ浮腫

クインケ浮腫

今回のテーマは、「クインケ浮腫」についてです。

浮腫み(むくみ)には、全身に症状が現れるものと、身体の一部に生じるときがあります。「クインケ浮腫」は、一部にのみ現れる浮腫みで、顔の一部が円形にむくむのが特徴です。

クインケ浮腫は、別名「血管神経性浮腫」とも呼ばれます。ドイツのクインケが最初に報告した病気であったことから、この名前がつきました。症状は、身体の色々な部位に突発的に浮腫が生じる、というものです。浮腫みは、直径数センチメートル程度の大きさで、丸い形をしています。

通常、浮腫みは、指で押すとへこんで「圧痕」が残り、すぐにまた元に戻ります。しかしクインケ浮腫のときは、ピンと張っていることから、指で押さえても引っ込みません。痛みやかゆみといった、症状は認められないのが普通で、1?数個が現れたかと思うと、短期間(数時間〜3日程度)で消失します。ただし再発を繰り返すのが特徴です。
その他、小さな血管の拡張と、血管の透過性の亢進が認められます。

どうしてこういった浮腫みが生じるかの原因は不明です。また、発症する年齢、性別に特徴はありません。遺伝性のものとそうでないものがあり、遺伝によるものを「遺伝性血管神経性浮腫」と呼びます。

また、蕁麻疹(じんましん)と同時に出ることもあります。

治療法は確立されておらず、有効な手立てがないのが現状です。上記のような症状が現れたときには、まず内科を受診します。同じように、身体の一部が浮腫みものには、炎症による浮腫みや、リンパ節腫脹などの疾患が考えられます。