甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症について見てみることにしましょう。

甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンが少なくなることによって生じる病気です。全身の新陳代謝が低下します。甲状腺ホルモン薬を服用することでほぼ完全に症状が消えます。

甲状腺機能低下症では、甲状腺ホルモンが少なくなるため、新陳代謝が低下して身体が不活発になってきます。疲れやすく、倦怠感を感じることが多くなります。また目立つ症状としては、顔や手足に浮腫み(むくみ)が生じます。この甲状腺機能低下症の浮腫みは特徴的で、指で押しても跡を残しません。そのため「粘液水腫」と呼ばれます。
特に、まぶたや額、唇に浮腫みが生じると、「粘液水腫顔貌(ねんえきすいしゅがんぼう)」と呼ばれる独特の顔つきになってきます。また、声門部に浮腫みが生じると、声がしわがれます。さらに心臓に浮腫みが生じることもあります。
心臓の浮腫みが生じると、胸部X線撮影や心電図に異常が現れます。精神的に鈍磨して、物忘れがひどくなるなどの症状が現れることから、全体としてぼおーっとした印象になってきます。

甲状腺の病気では甲状腺ホルモン薬を永続的に服用するときは、勝手に中止してはいけません。甲状腺機能低下症がひどくなると粘液水種性昏睡という危険な状態になってきます。
甲状腺機能低下症になると、精神活動が不活発になることから、患者さんご本人は、こういった症状があっても自分から申し出ないことがあります。そのため、周囲の方々やご家族が注意し、疑わしい症状が見られたら、医師のもとへ連れて行くなどの配慮をしてさしあげて下さい