貧血

貧血

貧血と浮腫み(むくみ)は関係があるのでしょうか。

貧血というのは、血液中のヘモグロビン(血色素)の量が減り、酸素の供給がうまくいかなくなり、様々な臓器や筋肉などの組織が酸素欠乏状態になった状態をいいます。貧血はその発生原因によって、いくつかに分類されます。

1.赤血球をつくる機能の低下が原因で生じる貧血
2.赤血球が余分に壊れることによって生じる貧血
3.赤血球が血管から漏れることによって生じる貧血

これらのなかで、圧倒的に女性に多く、日本においては成人女性の5〜10パーセント程度が罹患しているとさえ言われ、貧血の前段階ともいえる潜在性鉄欠乏性状態は、成人女性の20〜50パーセントであるとも言われるのが、上記の3が原因で起こる「鉄欠乏性貧血」です。

鉄欠乏性貧血は、貧血のなかで最も多い病気です、身体に必要な鉄分が不足するために生じます。対策および予防は、鉄分を多く含む、吸収性の良い食品を正しく補給することです。その他、鉄剤を投与します。胃潰瘍などの消化器の疾患があるときを除き、内服で充分でしょう。

重度の貧血になると、全身のあちこちに浮腫みが生じます。うっ血性心不全などのときは、立っている場合には足に、横になっている場合には背中などの浮腫み(むくみ)が生じますが、貧血による浮腫みのときは、体位に関係ありません。動悸やめまいといったほかの症状も現れます。また、貧血特有の症状としては、爪が反り返ってスプーンのような状態になることもあります。これを匙状爪といいます。