ビタミン欠乏症と浮腫み(むくみ)

ビタミン欠乏症と浮腫み(むくみ)

今回は、「ビタミン欠乏症と浮腫み(むくみ)」についてです。

たんぱく質、糖質、脂質、ミネラル(無機質)、そしてビタミンを5大栄養素といいます。
このうち、ビタミンは、それ自体がエネルギー源(カロリー)となることはありませんし、体内に微量に存在するのみですが、身体のはたらきを円滑にする大事な作用があります。ビタミンは体内で産生することができないため、外から、主に食事から、摂取する必要があります(ビタミンDは例外で、食事で吸収されるのみでなく、日光の紫外線の作用により、皮下に存在するコレステロールの一種から合成することも可能です)。

これらのビタミンの不足によってなんらかの症状が現れるものを、「ビタミン欠乏症」といいます。

ビタミン欠乏症の症状のひとつに、浮腫みがあります。全身のあちこちに浮腫みが生じ、かつそれが体位に関係なく起こり、動悸や疲労感、食欲不振などのほかの症状を伴っているようなときには、ビタミン欠乏症が疑われます。ビタミン欠乏症の主な原因は、栄養が偏った食事です。その他、アルコール類や清涼飲料水の飲みすぎ、インスタント食品の食べすぎなども原因となります。また、糖尿病や肝臓障害、ある種のビタミンを産生する腸内細菌の喪失などのときにも、ビタミン欠乏症になることがあります。

治療法は、それぞれの症状から欠乏しているビタミンの種類を推定します。治療は、欠乏しているビタミンを豊富に含む食品をとることが一番ですが、ビタミン剤による補給も行われます。