肝硬変

肝硬変

今回のテーマは、「肝硬変」についての浮腫みです。

全身のあちこちに浮腫み(むくみ)が生じ、体位に関係なく生じるときで、腹部膨満感や黄疸といった症状も見られるとき、「肝硬変」が疑われます。

肝硬変というのは、肝細胞の壊死、肝臓組織の繊維化といった、回復不可能な損傷を伴う疾患です。肝硬変はその症状の重症度から、2段階にわかれます:

1.代償期・・・肝臓の機能がまだ保たれている時期。
2.非代償期・・・肝臓の働きが低下した時期。
*非代償期になると、色々な重大な症状が現れます。

肝硬変の症状としては、全身倦怠感、疲労感、微熱、食欲不振といったものからはじまり、皮膚の色が黒褐色となり、男性でも女性のように乳房が大きくなることがあります。また、太鼓ばち指といって、指先が球状にふくらんでくることもあります。

浮腫みが生じるのは、肝硬変が進んだ状態です。黄疸や腹水が現れます。リンパ液や体液が、体内に異常にたまった状態が「浮腫み」です。肝臓の血流も悪化し、消化管で吸収した栄養素を肝臓に運ぶ門脈の圧が高くなるため、門脈は肝臓を迂回してバイパスを作るようになるなど、連鎖的に色々な障害が現れてきます。

肝硬変がまだ代償期にある場合は、生活の注意が大事な意味をもちます。
日常生活では、安静と食事療法が基本となります。疲れたら横になって休むようにします。肝臓内の血液が増え、肝臓へ入る栄養分が増えることから、肝機能の回復に役立つのです。

食事は高たんぱく、高ビタミン、高カロリーが原則です。バランスのとれた食事を心がけることが大事です。