浮腫みの分類

浮腫みの分類

今回は、浮腫みの分類についてです。

浮腫みは、部分的に現れるときと全身のあちこちに現れるときがあります。浮腫みを考える場合には、まず、それが「A.」全身のあちこちに生じているものなのか、それとも「B.」身体の一部にのみ現れているか、を見分けます。

Aのときは、次ぎに、その浮腫みが1.体位に関係があるのか、2.体位に関係がなく起こっているのか、を確認します。浮腫みは、体内の水とナトリウムが過剰になった状態であることから、そのたまり方には重力が影響するからです。体位に関係があるとき、立っていると足に、横になっている場合には背中などに浮腫みが生じるという状態を言います。Aのときに疑われるのは次の病気です:

「A.」全身に生じる浮腫み
1.体位に関係がある
●うっ血性心不全
●急性心膜炎
●急性心糸内膜炎
●ネフローゼ症候群

2.体位に関係がない
●肝硬変
●妊娠


Bのときは、1.血管が浮き上がっているか、2.浮き上がっていないか、が次ぎの確認ポイントとなります。このとき、血管というのは、静脈を意味します。Bのときに、疑われる病気をあげてみます:

「B.」身体の一部分に生じる浮腫み
1.静脈が浮き出ている
●下肢静脈瘤

2.静脈が浮き出ていない
●静脈血栓症

浮腫みという場合、普通、指で押すとへこんで、すぐにまた元の状態になってきます。これを圧痕といいます。ただし、甲状腺機能低下症などの浮腫みのときは、押してもへこみません。このように一概に「浮腫み」といっても、いろいろありますし、その原因もさまざまですので、手軽に考えることは禁物です。医師の判断を受けることが大事です。