妊娠中の浮腫み

妊娠中の浮腫み

妊娠中の浮腫みについて詳しくご紹介します。

妊娠中の女性の身体には、色々な変化や問題が起こります。つわり、腰痛、便秘、頻尿、痔、立ちくらみ、そして浮腫み(むくみ)など、です。

ここでは、浮腫みについてその原因、および生活上の注意点をあげたいでしょう。浮腫みというのは、体内の水とナトリウム(食塩)が過剰となった状態をさします。

妊娠中の浮腫みは、特に、足に生じることが少なくありません。また、夕方から就寝前にかけてひどくなるのが一般的です。朝になると、殆どなくなってしまいます。

浮腫みの原因は、ビタミンB1やたんぱく質の欠乏、貧血、血行障害、心臓病、妊娠中毒症などが考えられます。

どちらにしても、早朝から浮腫みがひどい場合や、尿の量が減ちょっとたときには注意してください。また、妊娠中は体重が増えるのは当然ですが、その増え方があまりにも多すぎるとき、たとえば、1週間に450グラム以上も増加してしまうようなときには、特に注意すべきです。そのようなときは、早々に医師の診断を受けましょう。

では、日常の生活面ではどのようなことに注意したらいいのでしょうか。

毎日の生活のなかでは、立っている時間を極力少なくします。過労や睡眠不足も浮腫みを招くことがありますので避けるようにしましょう。また冷えもよくありません。保温に気をつけます。
それでも浮腫みがちなときは、就寝時に足を高くすると効果があることがあります。また、症状が軽い場合でも、塩分を摂り過ぎないように気をつけ、水分摂取も過剰にならないようにします。