浮腫み(むくみ)の好発部位

浮腫み(むくみ)の好発部位

今回は、浮腫み(むくみ)の好発部位についてです。

浮腫みというのは、体内の水とナトリウム(食塩)が過剰になった状態です。浮腫みは全身のあちこちに現れる可能性があります。また部分的に起こるときもあります。
したがって、浮腫みという場合、それが全身に起きているのか、それとも局部的なものであるかをまず確認することが大事です。

局部的な浮腫みは、血管、このとき、静脈が、浮き上がっているかをチェックします。皮膚の色はどうでしょうか。むくんでいるとき、通常、指で押すと、へこんだ跡が残ります。これを「圧痕」といいます。これはすぐにまた元にもどります。しかし、一部、甲状腺機能低下症などによって浮腫みが生じているときは、押してもへこみません。

一方、全身的な浮腫みのときは、重力の影響を受けますので、それが体位に関係するかどうかを確認します。全身のあちこちに浮腫みを起こすものとしては、心臓や腎臓、肝臓の疾患や、内分泌機能障害があります。また、低栄養のときにも浮腫みが出ます。女性では、月経前に浮腫みが出る人がいます。その他、はっきりとした理由がなく浮腫みが出ることがあり、これを「突発性浮腫」といいます。

浮腫みの起こりやすい部位を「好発部位」といいます。それぞれの部位別に、疑われる病気や原因をあげてみます。

*身体正面
◆顔
・月経前
・ステロイド剤などの影響

◆まぶた
・ネフローゼ症候群の初期
・急性糸球体腎炎

◆おなか
・肝硬変
・慢性腹膜炎
・慢性収縮性心膜炎

◆足
・うっ血性心不全
・妊娠
・脚気
・下肢静脈瘤
・深部静脈血栓

*身体の背面
◆背中
・うっ血性心不全
・急性心膜炎