鶏ささみの変わり衣フライ

鶏ささみの変わり衣フライ

スポンサードリンク

【簡単!オススメ弁当のおかず 鶏ささみの変わり衣フライ】

鶏のささみ肉を観音開きにし、チーズとパセリを入れた変わり衣でさくっと香ばしく揚げます。
時間のあるときに衣をつけるまでの作業をまとめてしておき、冷凍しておくと朝、忙しいときに便利です。朝から揚げ物をするのは大変です! 少ない油で揚げ焼きするようにします。

★おいしいお弁当作りのコツ!
・鶏ささみは、たんぱく質が豊富でカロリーも低く、積極的にとりたい素材です。味が淡白なのでお弁当に用いるときは、味をしっかりつけたほうがおいしいでしょう。
・観音開きにすると肉の厚さが薄くなり、火の通りが早くなります。朝の忙しいときのお弁当作りの味方です。

◆材料(2人分)
・鶏ささみ・・・2本
・溶きたまご・・・1/2個分
・小麦粉・・・適量

*変わり衣
・粉チーズ(チーズをおろしてもOK)・・・大さじ2
・パン粉・・・カップ1/3
・パセリ・・・(みじん切りにして)小さじ1

・塩、コショウ・・少々
・サラダ油・・・適宜

◆つくり方
1.鶏ささみの下ごしらえをします。
(1)筋を取ります。
ささ身肉の幅の広いほうに白く見えている固いものが筋です。指先でつまむようにして押さえながら、包丁を筋にあて、しごくように引き抜いていきます。
(2)観音開きにします。
・ 肉のたて中央に、肉の厚さの半分ぐらいの深さまで切り目を入れます。
・ 包丁を寝かせ、切れ目から左右へ身の途中まで切りこみをいれ、両側へ開きます。
2.変わり衣をつくります。パン粉のなかに粉チーズとみじん切りのパセリを加えて全体を混ぜ合わせます。
3.1で開いたささ身に塩、コショウで下味をつけます。
4.3に小麦粉をまぶして余分な粉をはたいて落としたあと、溶きたまご、変わり衣の順につけて軽く手で押さえて衣をしっかりつけます。
5.フライパンに油を2cmほど入れて加熱し、4のささ身肉を入れて揚げ焼きするようにして火を通します。
*完全に冷めてから2~3切れに削ぎ切りするようにして、弁当箱に詰めます。

◆おすすめお弁当献立
●スパゲティミートソース
●アスパラガスのベーコン巻き
●グレープフルーツのヨーグルト和え

スポンサードリンク