秋刀魚のバター焼き

秋刀魚のバター焼き

スポンサードリンク

【簡単!オススメ弁当のおかず 秋刀魚のバター焼き】

さんまというと、塩焼きが思い浮かびますが、たっぷりのバターでこんがりと焼いてもなかなか捨てたものではありません。刻みパセリをふり、彩りもよくすることでお弁当にもぴったりのおかずになります。しっかりと焼き色をつけ、パリッとした皮が香ばしい一品です。冷めてもおいしくいただけますが、焼きたてもまた格別です。夕食としても是非、お試しください。

★おいしいお弁当作りのコツ!
・朝、時間がないという場合は、魚の下処理だけを前もってすませておいたほうが良いでしょう。
・秋刀魚に小麦粉をうすくまぶし、ムニエルにしてもおいしいです。秋刀魚の代わりに手開きした小あじやイワシなどでもおいしくできます。


◆材料(2人分)
・秋刀魚・・・1尾
・塩・・・少々
・ニンニク・・・少々(匂いが気になる場合は省きます)
・バター・・・大さじ1
・レモン・・・1/4個
・刻みパセリ・・・大さじ1/2

◆つくり方
1.秋刀魚は頭、尾、はらわたをとって3等分し、水洗いして塩をふります。
2.ニンニクを薄切りにし、レモンはくし切りにします。
3.フライパンにバターを熱し、ニンニクと秋刀魚を入れて、両面に焼き色がついて中にしっかりと熱が通るまでよく焼きます。
4.秋刀魚に刻みパセリをふります。

*完全に熱が取れてから、レモンを添えてお弁当箱に入れましょう。

◆おすすめお弁当献立
●五目たまご焼き
●キャベツの甘酢
●柿

スポンサードリンク