プロテインでダイエットする方法

サイトマップ

プロテイン(タンパク質)の働き

スポンサードリンク

プロテイン(タンパク質)は、体に必要不可欠な栄養素です。

ダイエットといったら、食事の量を減らすことのみを考えていませんか?
体に必要な栄養素には、極端に減らしてはいけないものもあるのです。
その代表的なのが「プロテイン(タンパク質)」です。
プロテイン(タンパク質)は「炭水化物」と「脂質」と並び3大栄養素のひとつで、私たちの体を構成するのにとても重要な栄養素なのです。

それでは、プロテイン(タンパク質)は人間の体に、どのように働きかけているのでしょうか。
主にプロテイン(タンパク質)は、筋肉や臓器をつくったり、エネルギーの代謝を促進したり、免疫力や低抗力を強化したりしています。
また脳への働きをサポートし、老化防止にも役立っているのです。
このようにプロテイン(タンパク質)は、人間の体に必要不可欠な存在なのです。

プロテイン(タンパク質)は、約20種類のアミノ酸から構成されており、そのうちの9種類は、体内では合成できません。だから、その分は食品から摂らないといけないのです。
この9種類のアミノ酸は「必須アミノ酸」と呼ばれ、そのひとつでも不足してしまうと、他のアミノ酸とのバランスが悪くなってしまいます。

必須アミノ酸を摂るには、良質プロテイン(タンパク質)や、同時に多くの食品を食べることが大切です。
一般に必須アミノ酸を含む食品は、肉や魚介類、卵や乳製品などです。
動物性の食品には、必須アミノ酸をバランス良く含んでいますが、過剰に動物性プロテイン(タンパク質)を摂ると、同時に脂肪分も摂取され肥満の原因となってしまうので、気をつけましょう。

動物性、植物性のいろんな食品からバランス良くプロテイン(タンパク質)を摂取して、適度な運動も心がけ、健康的なダイエットで美しい体を目指して下さい。


スポンサードリンク