満腹感を持続「プロテイン(タンパク質)」

満腹感を持続「プロテイン(タンパク質)」

スポンサードリンク

プロテインは、ダイエットには無くてはならない存在です。

私たち人間にとって、内臓、筋肉、血液、骨と同じくらい、プロテイン(タンパク質)は重要な存在なのです。
たとえ、ダイエット中だといっても、生命を維持するためには、1日に体重1キロあたり1〜1.3グラムのプロテイン(タンパク質)が必要なのです。

プロテイン(タンパク質)とは、アミノ酸が20種類以上つながってできています。
その中の8種類は「必須アミノ酸」と呼ばれ、体内で合成できないので、食事からから摂取しなければなりません。
この必須アミノ酸が、多く含まれている食品を「良質のプロテイン(タンパク質)」といわれています。

肉や魚、乳製品、卵などの動物性プロテイン(タンパク質)は、大豆や大豆からできた食品などに含まれている植物性プロテイン(タンパク質)よりも、良質で栄養価が高いと考えられています。
しかし、多くの動物性プロテイン(タンパク質)を含む食品は、脂肪分も多く含まれていることも事実です。
良質のプロテイン(タンパク質)をたくさん摂ったとしても、カロリーを摂り過ぎてしまったり、血中コレステロールを高めてしまったりしては、不健康になるのみです。
そうならないように、動物性プロテイン(タンパク質)と植物性プロテイン(タンパク質)を、バランスよく組み合わせるように心がけることが重要なのです。

また、プロテイン(タンパク質)はダイエット中には、必要不可欠な栄養素なのです。
プロテイン(タンパク質)は、体内で脂肪となることが少なく、胃の中に長く留まっているので、満腹感を持続させる効果があります。
さらに、食事から摂取したエネルギーを、熱エネルギーとして外に出す働きをします。
エネルギーを体内に蓄積しないということは、ダイエット中にとても必要な作用です。

スポンサードリンク