日本食とダイエット

日本食とダイエット

スポンサードリンク

日本食を見直すことから、プロテインダイエットが始まります。

毎日の食事は、食欲を満たして、元気で健康的な生活を送るためにとても重要なものです。
しっかりとごはんなどの主食を食べ、おかずには肉や魚、野菜、豆類、海藻類など、多くの食材を取り入れる日本型の食生活は、糖質や脂質、プロテイン(タンパク質)のエネルギー比率が素晴らしく、栄養のバランスがとても良いです。
昔から日本では、「一汁三菜」という食事の基本があり、それに基づいて、主食、主菜、副菜、汁物という4種類の献立を考える家庭が多いでしょう。

主食は、糖質の供給源となり、1日のエネルギーにもなります。
そこから、プロテイン(タンパク質)や食物繊維も摂取することが可能です。
また、よく噛んで主食を食べることによって、満腹感を得られるのです。

主菜とは、肉、魚、卵、大豆製品といった、良質のプロテイン(タンパク質)を多く含む食品で作ったメインとなるおかずのことです。
これらは、私たちの体を作るためのプロテイン(タンパク質)や、エネルギーとなる脂質を供給します。
主菜では、乳製品や豆製品などによって、カルシウムを摂ることも心がけましょう。

副菜は、主に野菜を使用したおかずです。
食物繊維の供給源となり、ビタミンやミネラルで体の調子を整えます。
副菜では、主菜と味付けを変えたり調理法を工夫したりすることで、一度の食事で味の多様性をつけると良いです。

お味噌汁、お吸い物、茶碗蒸しなどの汁物は、のど越し良く食べられ、効率良く消化吸収するのに役立ちます。
旬の食材を具として取り入れることで、季節感を食卓に持ち込み、食欲を促す役目も果たします。

昔からの日本型の食生活は、私たちの体を元気にしてくれるように、きちんと工夫されているのです。
欧米型の食事に偏りがちの人は、日本型にすることで、体の調子が良くなるかもしれません。


スポンサードリンク