BCAAでやせやすい体に

BCAAでやせやすい体に

スポンサードリンク

今回のサポート食品は、「BCAA」です。

分岐鎖アミノ酸(BCAA)とは、体内で合成できない9種類の必須アミノ酸のうち、バリン、ロイシン、イソロイシンという3種類のアミノ酸のことをいいます。
この3種類は、同様な働きをし、他のアミノ酸にはもってない構造上の特徴があることから、分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれます。

バリンを多く含む食品は、ドライミルク、レバー、牛肉、ピーナッツ、レバー、プロセスチーズ、ゴマなどがあります。
ロイシンを多く含む食品は、ハム、牛乳、レバー、ひき割りとうもろこし、カッテージチーズ、乳製品、鶏肉、牛肉、大豆などです。
そしてイソロイシンは、牛乳、鮭、鶏肉、プロセスチーズなどに多く含まれています。

BCAAを摂取することで、やせやすい体になると言われています。
BCAAは、筋繊維を作り上げるプロテイン(タンパク質)の原料となります。
BCAAを摂取し運動することで、筋肉が付きやすくなるそうです。
その結果、基礎代謝が向上し、脂肪を燃やしやすい体になるのです。

ただ、BCAAを摂取するのみでやせる、という訳ではありません。
BCAAそのものが、脂肪を燃焼する作用があるわけではないので、脂肪の代謝を促す有酸素運動を行ないましょう。
そうすることで、さらにダイエットの高い効果が得られます。

この3つのアミノ酸BCAAは、一緒になって働くことが多いそうです。
だから、サプリメントでそれらを摂取するときは、別々に摂らずに3種類を一緒に摂るのが効果的です。

スポンサードリンク