供の肥満対策

子供の肥満対策

スポンサードリンク

今回は、子供の肥満対策についてです。

現代の子供たちは、家でゲームばかりしていたり、小さい頃から習い事や塾に通ったり、あまり外で元気良く遊んでいる姿を見かけなくなりまいた。
また、食生活は変化し、夜型の生活へ傾き、精神的なストレスがたまるなど、子供たちの周りでは、大きく環境が変化してきています。
文部科学省の調べによると、肥満とされる小中学生は、30年間で約3倍にも増えたと言われています。
こういった肥満児を増やさないためにも、小さい子供の頃から、バランスの取れた食生活を身につけることが最も重要です。
それでは、子供の肥満対策を紹介します。

年齢によって目安となる摂取カロリーをもととして、その肥満の程度をみてカロリーを制限します。
ごはんやパン、いも類、お菓子などの炭水化物を減らして、全体的な摂取カロリーを減らしていきます。
また、あまり油を使用する料理は作らないようにしましょう。

プロテイン(タンパク質)やビタミン・ミネラルを多く含む、牛乳、赤身の肉、魚介類、大豆、卵、などはとくには制限しなくてよいです。
身長が伸びる成長期には、良質のプロテイン(タンパク質)とカルシウムを積極的に摂ることが大事です。
身長が伸びれば、必ず肥満度は下がってきます。

肥満の子供に共通して言えることは、全体的に栄養が偏っていて、塩分や糖分の多いお菓子やインスタント食品を多く摂っています。
こういった食生活を見直すために、食事には野菜をたっぷり使い、塩分や砂糖を減らし薄味で調理して下さい。
おやつは牛乳やヨーグルトなどの乳製品や果物にすると良いでしょう。
また、カロリーの制限を行なうと、お腹が空きやすくなります。
そのために、たっぷりの野菜や良質なプロテイン(タンパク質)を含んだ食材で、ボリュームを持たせた料理で満腹感を与えるなど、ストレスにならないよう工夫して食べさせてあげましょう。

スポンサードリンク