失恋の癒し方

失恋日記

日記を書くことが、3日坊主で終わってしまうという人も、失恋した今だからこそ、自分の心の中の気持ちを整理するために、日記をつけることをオススメします。
日記を飽きずにつけるヒントを教えます。

まず、日記は誰かに提出したりするものでは、決してありません。
あなたの日常で素直に思ったこと、起こったでき事を書くのみです。
書き方にルールなんてありませんので、飾らず、自分の言葉で思う存分書いて下さい。

そして、後から振り返ることで、あぁ、あの時こんな風におもってたんだ、でも、今はちがうなぁとか、日記を通して、様々な変化を見ることができるでしょう。
また、日記を書くことで、自分の気持ちを理解し、また、整理することもできます。

続かないとおもっている人は、もしかして、長く書かなきゃいけないなんておもっていませんか。
日記は、短くて、問題ないです。

例えば「今日は、お昼に焼きそばを食べた。おいしかった。」のみでもいいんです。
あなたの日常を書くことが大切なのです。
そうすることで、新たな発見がうまれます。

また、ブログを使用して、日記を書いている人も最近増えてきていますが、失恋した思いを整理するために書くのであれば、あまりオススメしません。
なぜなら、やっぱり人の目にふれるというのがあるので、気持ちにセーブがかかってしまいます。
心の奥の気持ちは、見えてきません。

自分だけのノートで、自分だけが見る、自分だけの日記、始めて下さい。
続けることで、あなたの心の傷はだんだん癒えていくことでしょう。

スポンサードリンク