失恋の癒し方

花で癒す

お花には、人を元気にさせる妖精が宿っているといわれます。
お花というのは、失恋した心を癒してくれる、そういう不思議な力があります。
お見舞いにお花をもっていくのも、その理由からきています。

まずは、花をテーブルに飾って下さい。
すると、部屋もなんだか明るくなり、あなたの疲れた心を癒してくれることでしょう。

お花屋さんで、ガーベラやバラを一本だけ買ってきて、グラスにさすのみでもいいです。
また、小さな花束を買ってきて、食器棚の中で眠っている器に、小さなアレンジメントを作成しても素敵だでしょう。

また、おうちの中のみでなく、仕事場の机の上にもお花を飾るのもよいと思われます。

お花は、すぐに枯れてしまうし、水をかえたりするのが面倒とおもうあなたには、枯れないお花、プリザープドフラワーをおすすめします。
でも、そうやって、手間暇かけることで、お花と触れ合い、あなたの心は癒されていくのです。

また、花の色によって、気持ちを癒す効果も違ってきます。

失恋して気持ちが落ち込んでいるあなたには、薄いピンク色や、白、水色などがよいと思われます。

悲しくて悲しくてたまらないあなたには、紫や黄色がよいと思われます。

気持ちが落ち込んで、元気になりたいあなたには、オレンジ色がよいと思われます。

お店にいって、何を買おうか迷った場合には、あなたの気持ちに合った色の花を選んでみるのも、いいのではないでしょうか。
あなたも、花のある暮らしを始めて見て下さい。
お花たちはきっと、あなたの失恋の傷を癒してくれることでしょう

スポンサードリンク