失恋の癒し方

意識改革

浮気されたり、振られたりした場合は、自分も「外の世界を知りたい!」と思う場合があり、人は本命と一対一で向き合うという「狭い恋愛スタンス」を壊そうとします。

そして、「異性の友人と広く浅く交流する」、というスタンスにチェンジすることがあります。

そうすることによって、「心に余裕ができるのではないか」という期待を持ち行動を決意するのです。
彼氏と別れた途端に、こういった考えで、行動的になり、イキイキした表情を持って、輝き出す女性は多いものです。

特に、20代前半にみられる自己改革とも言えるでしょう。
これは、オトナになるためには絶対必要な意識改革だでしょう。
これらは皆、比較的「ポジティブ」な変化です。

ですが、これには、大きな落とし穴があります。

「本当の恋なんてしない」と自分の中で決心をしてしまって、異性とセックスを繰り返すことで、「優位にたってやろう!」と思う「復讐心」が生まれてしまうことです。
こういった考えに走るのは、強く傷ついた人にありがちなパターンです。

また、自分がもう傷つきたくないからということで、「本当に好きな人はつくらない」という心境で、アバンチュールを決行するときと2つに別れます。

でも、いずれの理由にしろ、空しいです。当の本人が一番それを実感するでしょう。
異性の輪を広げることはいいことだでしょう。これからのあなたに役立つでしょう。
でも、体の関係を持つことは、手軽に行うものではありません。
その線を、自分自身よく考えて、行動して下さい。

何も考えず、今が楽しければいいなんておもって行動していたら、ますますあなたは傷つくことになるでしょう。
これだけは、気を付けて下さい。

スポンサードリンク