失恋の癒し方

失恋の体験談

失恋をした場合、恋愛関係や友人関係に「偏屈」になってしまうことは、よくないことです。

例えばそれは、「自分はもう、恋をする資格がない、どうせ誰からも私は愛されないに決まっている。一人で過ごしたほうがずっと気が楽だ。」という気持ちが、あなたの心を支配してしまうことです。

あなたの発言や態度が、「卑屈」になってしまわないように気をつけて下さい。

そういう場合は、彼氏、彼女がいなくても、前向きに恋愛しようと、出会いを探す友人と、一緒の時間を過ごすのです。
そうすることで、ネガティヴな、マイナス思考にあなたの心が支配されることを防いでくれます。
そして、新しく作成される体の中の細胞に、やせ我慢でもいいから「快活さ」というものを覚えこませるのです。

また失恋後、見た目にあきらめ感ができ、明らかにお洒落感がなくなってゆく人も大勢います。
どうせ、お洒落したって、誰もみてくれやしない、そうおもっているのです。
これでは、心の中身も新鮮さを失ってしまします。そして、その考えは、外見のみでなく、内面にまで輝きを失ってゆくことになるのです。

だから、失恋した場合こそ、お洒落をして新しい自分を作ることが大事です。
髪型を変えるもよし、いつもとは違うファッションにするもよし、外見を変えると気分もすっかり変わり、前向きに、そして行動的になることが可能です。

また、失恋後、とにかくカラダの関係を持ってくれる人を探し、アバンチュールに目を向ける人がいます。
無目的に口説き、口説かれ、体の関係を持つのです。

失恋直後だけならば、まだ仕方ないですむかもしれませんが、その後1年も2年もその状態を継続するというのは、絶対に駄目です。
アバンチュールがうまくいった時の刺激に慣れてしまい、さらに直後に襲われる虚無感にも慣れてしまったら、本当の「恋愛」の感覚を失ってしまうことになってきます。

失恋した場合こそ、あなたの気持ちを大切にした行動が大事です。
アバンチュールが、全く駄目だとは言っていません。

ただ、次の恋のためにも、アバンチュールはほどほどにしておきましょう

スポンサードリンク