失恋の癒し方

失恋から立ち直る方法体験談

失恋をした場合、みんなどうしてるのでしょうか?
よく挙げられることは、泣いてきれいさっぱり忘れるということです。

涙を流すということは、体の中の浄化作業もはいっていますので、とてもいいことだでしょう。
別れた相手の事をおもって泣くのもよいと思われます。
感動する本や映画を見て泣くのもよいと思われます。
たくさん泣くと、心の中にあったモヤモヤが消えてなくなります。

だから、失恋した時と言うのは、涙を流した方が、気持ちの整理がつきやすいのです。
失恋した時は、無理にでも、泣いた方がよいと思われます。

あと、寝て忘れるという方もいました。
これは、人の性格によるものだでしょう。
嫌なことは、寝て忘れてしまおうと、物事に対して楽観意的に考えることができる人です。
この考えができる人は、得な性格だでしょう。
神経質な方がとても悩んでいることでも、こういった方達は、「ま、いっか」と、笑って、流せるのですので。

失恋も一緒です。
恋人と別れてしまった。まだ好きだけど、相手がもう一緒にいることを望んでいないなら、それは仕方のないことだと、次頑張ればいい。
こんなふうに、切り替えができたら、本当に人生楽に生きていけるのではないかでしょう。

始めから、こんな考え、私にはできるわけがないなんて、決して思わないでください。
まずは、こう思おうとすること、それが1番重要なのです。

あとこのほかに、お酒を飲むという方がいらっしゃいますが、これはあまりオススメしません。
1日くらいならかまいませんが、失恋したからと言って、毎日毎日、失恋に酔い浸ることは、あなたにとって、いいものを生みません。
飲んで忘れるという行為は、1時的なことであって、何の解決にもなりません。

酒に頼るのではなく、自分自身と向き合い前を向いていくのです。

スポンサードリンク