失恋の癒し方

感謝の気持ち

お互いに納得して、別れたのであれば、まだよいですが、人の別れというものは、人それぞれです。突然相手から、突き放されたり、言い渡されたりするような別れ方をした時は、「どうして?」「もしかして、ひどいことをしたのではないか?」と、自分を責めてしまいます。

つらいかもしれませんが、1度はその状態と、しっかり直面する勇気を持つことが、大事です。

そして、人には、生存したいという本能的欲求があります。
恋も同じです。
落ち込んでいるうちに、このままではいけない、立ち直らなければ、と言う気持ちになってきます。
その場合が、本当に癒すチャンスです。
生きたいと思う欲求と同様に、傷ついた心と体を癒す作業が、あなた自身の中で始まります。

そして、それは、ひたすら失った恋を思い出し、さまざまな感情が溢れ出します。
嬉しかったことや、悲しかったこと、大好きだったこと、そして、言い忘れたことなどです。
ですが、もしかしたら、相手に対しての怒りもこみあげてくるかもしれません。
その過程で、涙することもあるでしょう。
かまいません、思いきり、声をあげて泣きましょう。
そうして、心の中の物をすべて吐き出した後にくるこの気持はなんでしょう。

それは、あなたが分かれた相手に対する感謝の気持ちです。
楽しかった日々をありがとう、一緒にいてくれてありがとう、わがままを受け止めてくれてありがとう、などあなたの心は感謝の心で満たされるでしょう。
そして、流した涙も、今では、感謝と出会えた喜びの涙に変わります。
この気づきこそが、「別れ」からの、贈り物なのです。

スポンサードリンク