さばのレシピ−船場汁(せんばじる)

さばのレシピ−船場汁(せんばじる)

スポンサードリンク

さばを使用した魚料理レシピ 船場汁(せんばじる)

健康のためにも魚料理を積極的に頂きたいものです。魚のおいしさを生かした「船場汁(せんばじる)」のレシピをご紹介します。 
「船場汁(せんばじる)」は、商人の町、船場(大阪)で古くから親しまれてきた汁物のひとつです。船場は、山の幸、海の幸に恵まれていたことから、新鮮な魚介や野菜が豊富に手に入りました。昔、商家でさばのアラに塩をふってひと晩おき、翌日に大根といっしょに煮て煮物や汁物にしたのが、船場汁のはじまりといわれています。アラから出るダシをうまく使用する、商人の知恵が生かされている料理です。


◆材料(4人分)
●さば・・・200g
●大根・・・200g
●昆布・・・10cm
●水・・・カップ5
●塩、しょうゆ・・・少々
●吸い口(木の芽、しょうがなど)・・・適量

<つくり方>

◆下ごしらえ
1.さばは塩少々をふり、1時間ほどおくと身がひきしまります。中骨を取り、皮をむいてそぎ切りにします。ざるに並べて、上からさっと熱湯をかけます。
2.大根は、薄い短冊切りにします。
3.昆布は切り込みを入れます。

◆調理
4.分量の水に昆布を入れて、さばと大根を入れて火にかけます。
5.あくをていねいに取りながら、汁が透明になるまで煮ます。
6.味をみて、塩としょうゆでととのえます。
7.実をわんに盛り、静かに汁を注ぎます。吸い口を添えて頂きます。

スポンサードリンク