ワカサギのレシピ−南蛮漬け

ワカサギのレシピ−南蛮漬け

スポンサードリンク

ワカサギを使用した魚料理レシピ ワカサギの南蛮漬け

赤唐辛子を入れた三杯酢に、揚げたてのワカサギをジュッと漬け込みます。カラッと揚げたワカサギは、骨ごと食べることができ、カルシウム満点の魚料理です。

酢には、クエン酸をはじめ、酸味のもとになる60種類以上の有機酸が含まれています。魚の生臭みを消すのみでなく、骨をやわらかくする効果や食欲を増す機能も期待できます。いっしょに漬け込む野菜もおいしく召し上がっていただけます。


◆材料(4人分)
●ワカサギ・・・300g
●薄力粉・・・大さじ2

●玉ねぎ・・・1個
●キュウリ・・・1本
●ピーマン・・・1個(赤ピーマンにすると彩りがきれいです)

●揚げ油・・・適宜

◆漬けダレ
●酢・・・3/4カップ
●しょうゆ・・・大さじ1
●砂糖・・・大さじ2
●赤唐辛子・・・1本

<つくり方>

◆下ごしらえ
1.ワカサギは、はらわたを尾のほうにもむようにして押し出します。水気をふき、軽く塩をして、小麦粉をまぶします。
2.赤唐辛子は、タネをとり、ぬるま湯で戻して、漬けダレに加えます。
3.玉ねぎ、キュウリ、ピーマンは、それぞれ細切りにします。

◆調理
4.1のワカサギを、170℃の油でカラリとなるまで4?5分かけて揚げ、油をよくきり、熱いうちに2のタレにジュッと漬けます。
*ちょっと気長に揚げるとカラッと揚がります。二度揚げしてもよいと思われます。

5.3の玉ねぎ、キュウリ、ピーマンを4に加えて半日以上おき、味を馴染ませます。

6.器に盛り、いっしょに漬け込んだ野菜を散らして頂きます。

スポンサードリンク