エビのレシピ−ふんわり卵とじ

エビのレシピ−ふんわり卵とじ

スポンサードリンク

エビを使用した魚介料理 エビのふんわり卵とじ

いつものスクランブルエッグにエビを加えることで、豪華さがアップ。エビのピンク色と卵の黄色が美しい一品です。エビの身には、「タウリン」という成分が含まれています。タウリンには血圧を正常に保つ働きがあることから塩分の摂りすぎによる高血圧の改善に役立つといわれ、コレステロールを排出する働きがあることもわかってきています。

ぜひ、積極的に摂りたい食材です。エビは、ムキエビを使用すると手軽です。片栗粉をまぶしてさっと炒め、いったん取り出してから卵液に加えて炒り卵を作ることでふんわりと、かつプリプリとした触感が楽しめます。

たっぷりの油を煙が出るほど熱し、中華なべ全体によくいきわたらせて使用すると、ふんわりとした炒り卵ができます。


◆材料(4人分)
●ムキエビ・・・120g
●酒、ショウガ汁・・・各小さじ1
●片栗粉・・・小さじ2
●サヤエンドウ・・・8枚

●卵・・・8個
●塩・・・少々

◆油
●エビを炒めるのに大さじ2
●炒り卵用に大さじ8

<つくり方>

◆下ごしらえ
1.エビは、酒、ショウガ、片栗粉をまぶします。
2.サヤエンドウは、筋を取り、1つを2つに斜めに切ります。

◆調理
3.中華なべで、1のエビをさっと炒めて取り出します。
4.エビを取り出したあとで、2のサヤエンドウを炒め、取り出します。
5.卵を溶き、3,4を加え、塩少々を加えます。
6.中華なべに油を入れ、うっすらと白く煙が出るほど熱し、なべ肌にも油を行きわたらせてから、5の卵液を一気に入れます。大きく手早くかき混ぜます。
7.ちょっと固まってきたら、卵を切るようにしてふんわりと炒り付けて裏返し、さっと焼いて器にとります。
*七分ぐらいの火のとおりで充分です。

スポンサードリンク