危険な「国立病院ダイエット」

危険な「国立病院ダイエット」

スポンサードリンク

「国立病院ダイエット」というのをご存知でしょうか。

「国立病院ダイエット」は、危険なダイエット法として知られています。

このダイエット法は、「デンマーク国立病院で考案された」とか、「アメリカの病院Mayo Clinicで開発された」と言われていますが、そのいずれも作り話だそうです。

このダイエットを行なうと、2週間で体内組織の中で化学変化が起きる、と言われています。
しかし、実際のところ、体内組織において化学変化が起きることは、あり得ないのだそうです。

また、このダイエットを終えた頃に、体内組織が変化して、余計な栄養素を必要としなくなるので、食欲がなくなり太りにくい体質なると言われます。

ところが、はっきり言ってあり得ないことだそうです。
実際は、全く反対で、体内組織が不足している栄養を欲するので、リバウンドして必ず太ってしまいます。

さらに、卵を食べることをすすめるこのダイエット法は、コレステロール値が高くなることがあり、極めて危険と言えます。
最悪のときは、心筋梗塞を引き起こしてしまう場合もあります。
また、全体的に栄養が偏っているので、体調を崩すこともあります。

この「国立病院ダイエット」をはじめとして、私たちの周りには、栄養バランスが偏っていて、しかもカロリーが極端に低いダイエットが溢れています。
こういったダイエット法を実践して、深刻な症状を引き起こしてしまった人は多いでしょう。

さらに、これらの方法でやせたとしても、必ずリバウンドして元に戻ってしまったり、それ以上に太ってしまったりするときもあります。
やはり、3食バランスの良い食事を摂り、適度な運動を心がけることが、もっとも効果的なダイエットでしょう。

スポンサードリンク